KOHLER製品、輸入シンク、水廻り設備、薪ストーブ販売 のアーミック

心を豊かにする愛着のあるモノ

30年前のKohlerトイレの漏れ

Kohlerトイレは当時の正規代理店であったフジクリーン工業が日水協を取り、コーチャーシリーズの便器を広く販売していました。現在も使っておられる方がたくさんおられます。経年による部品交換の代表的な事例を書きます。

 

トイレ関連品番:K-5721、K-5720、K-4720他

 

<症状1>トイレを使用していない時でも、タンクに水が数分(数十分)おきに補給される。あるいはタンクの手洗いから数分(数十分)おきに水が流れる。あるいはボールに流れっぱなしになる。

 

<原因1>1のフラッパー弁(フロートゴム)の劣化です。

タンクの水が便器(ボール)へ抜けてしまい、タンク内の水位が下がって2のボールタップから水が補給されてしまうのです。

 

<対応1>1のフラッパー(フロートゴム)の交換です。

どなたでも簡単に交換出来ます デットストック在庫ありますのでお問い合わせ下さい。

 

注意:2のボールタップの劣化による場合もあります

1のフラッパー弁の上の筒から水が溢れ出ている場合、ボールタップの劣化です

在庫ありますのでお問い合わせ下さい。