KOHLER製品、輸入シンク、水廻り設備、薪ストーブ販売 のアーミック

心を豊かにする愛着のあるモノ

KOHLERトイレ便座の話3

KOHLERトイレは大別すると2種類の形状(ROUND-FRONT、ELONGATED)があります。

日本で販売しているのKOHLER便器はほぼELONGATED(エロンゲート)で、先端が長くなってます。

日本のトイレもほぼエロンゲートになります。

Kohlerの純正便座はいわゆる普通便座と言われる、電気を使わないシートが主流です。

本体の取付ピッチは日本と規格が同じなので、実は日本製のどんな便座も使えます。

ただ、こうなります。

左が国産のシャワー便座、右がKohler純正普通便座です。

Kohler便器の特徴はボールの根元、タンクと接する部分がキュッとくびれているのです。

そこの特徴がシャワー便座で埋もれます。

そして、どうしても高さが出るのでタンクが隠れてしまい、本来のデザインが崩れてしまいます。